用語解説

パチスロの「機械割」について

機械割について説明します

機械割とは

[機種名] スペック のように調べると以下のような表を見ることがあるかと思います。

これは前回説明した「設定」に対して、どのぐらいの出玉が見込めるか?を表した数値になります。

パチスロの「設定」について

例を踏まえながら説明します。

スポンサーリンク

アイムジャグラーの機械割


「アイムジャグラー」で検索したページに飛ぶと以下のような表を目にします。

設定 BIG REG 合成 機械割

設定 BIG REG 合成 機械割
1 1/287.44 1/455.11 1/176.17 96.9%
2 1/282.48 1/442.81 1/172.46 97.8%
3 1/282.48 1/348.60 1/156.04 99.9%
4 1/273.07 1/321.25 1/147.60 102.0%
5 1/273.07 1/268.59 1/135.40 104.2%
6 1/268.59 1/268.59 1/134.30 106.6%

右端に「機械割」の列があります(間の列はいったん無視で)

設定と機械割だけ抜き出すと以下のようになります

設定  機械割
1 96.9%
2 97.8%
3 99.9%
4 102.0%
5 104.2%
6 106.6%

このパーセンテージが「賭け金に対し、どれぐらい出玉が見込めるか」を数値化したものです。

つまり設定6は1万円賭ければ、10660円ぐらいで返ってきますよ。ということになります。

え?660円だけ?と思うかもしれませんが、パチスロの賭け金の考え方は「現金を1万円賭けたら〜」みたいな考え方ではありません

パチスロは「1回転あたり3枚のメダルを掛ける」という考え方になります。

そしてメダル1枚当たりの価値は、お店や環境によって変動します。

ここでは最も一般的な1枚20円の考え方で進めます。

この考え方にすると「1回転あたり60円(メダル3枚×20円)を掛ける」ことになります。

パチスロは1日中回すと、だいたい8000回転回すことができます(この計算方法もいずれ記事にします)

つまり、1日回すと48万円掛けることになります。

えええぇ?そんな大金かけたくない・・・と思うかもしれません。

実際はそんなに賭けていることになりません。

なぜなら途中でメダルの払い出しがあるからです。

パチスロのフローとしては、1万円で大当たり→大当たりでメダル300枚出る→メダルで打つ→大当たり→メダルで打つ→・・・

となり、このフローでは実際には1万円しか賭けていません。

回転数で考えると、48万円賭けているように見かけ上は見える。

ことになります。

48万円賭けていると考えると、設定6(106.6%)を1日回した場合の1日の収支は

60[円]×8000[回転] × 6.6[%] = 31680

となり、かなりの期待値が見込めることがわかります。

まとめ

まとめると、

機械割とは、<機種>と<設定>を合わせて、どれぐらいの収支が見込めるかを表したもの。

<実際に掛ける金額>と<機械割>は結びつかない。
<回転数>と<機械割>が結びついて期待収支は計算する。

-用語解説
-

© 2022 パチスロの解 Powered by AFFINGER5