設定狙いの極意

サラリーマンなど夜からしかパチスロを打てない人の勝ち方

こんにちは。こーびーです。

 

今日はサラリーマンの方などに向けて、『夜からしか稼働できない人はどうやって勝ったらいいの?』という話をしていきたいと思います。

 

夜から打って勝つのは難しい

まず、前提として頭に入れておいて欲しいことは、夜から打って勝つのは難しいということです。

 

夜から打つことのメリットとデメリットを考えたときに、デメリットの方が大きいからです。

 

私が思う夜から打つことのメリットとデメリットは以下の通りです。

夜から打つことのメリットとデメリット

・メリット
データから得られる台の情報が多い

・デメリット
朝から稼働している人との情報格差が大きい
稼働時間が短く、取れるリスクが小さい
客の数が多い

一つ一つ説明していきます

 

メリット:データから得られる台の情報が多い

夜から稼働することの優位性はこれに限るかなと思います。

 

ジャグラーのレギュラー確率を参考にできたり、青鬼やブラクラ4などはデータを見れば高設定であることが明確に分かります。

 

もしそういった台が空いていれば、ほぼノーリスクで高設定に座り期待値を積むことができるでしょう。

 

デメリット:朝から稼働している人との情報格差が大きい

朝から稼働している所謂スロプロと呼ばれている人は、思った以上に周りの状況の把握に努めています

 

自分の台を回すことよりも、周りの状況を把握することが大事であることを理解しているからです。

 

軍団がいる店であれば、リーダーは打たずに状況把握のみを行っている場合もあるでしょう。

 

そういった状況で空いている台というのは、データが良いように見えてもプロが打たないと判断した台です。

 

仕事終わりの18時にホールに行ったのであれば、10時~18時の8時間、自分よりホールの情報を集めた人が打てないと判断している台なのです。

 

相当なリスクがあると言って良いでしょう。

 

デメリット:稼働時間が短く、取れるリスクが小さい

以前にパチスロの設定狙いのリスクと期待収支の考え方という記事でも書いたのですが、

 

設定狙いというのは、リスクとリターンを考えて行うものです。

 

朝から設定狙いをする理由は、もしツモれたときのリターンが大きいからしていることです。

 

つまりジャグラーで言えば以下の2つは全然違うということです。
12時から1000回転BIG 5 REG 5の台を打つ
18時から1000回転BIG 5 REG 5の台を打つ

前者はまだ分かりますが、後者は私は絶対にしない行動です。

 

(他の根拠となる要因がなければ)前者と後者は設定的な期待度は同じになりますが、打てる時間が違うからですね。

 

高設定だったときに期待できるリターンが小さいので、必然的に取れるリスクも小さくなります。

 

デメリット:客の数が多い

ここまで設定狙いの話をしてきましたが、では天井ゾーン狙いではどうなのでしょうか。

 

私はそれも夜からの稼働では不利だと考えます。

 

夜になると一般的には稼働が増えて、天井ゾーン狙い可能な台の絶対量は増えます。

 

しかし、それに対してライバルも増えるので実際自身で実践できる量は減ることになります。

 

夜からしか打てない人が勝つことは不可能なのか

ここまで、デメリットを熱く語ってきましたが

 

では、夜から打って勝つことは不可能なのか?

 

私の結論を言うと『不可能ではないが、おすすめはしない』となります。

 

正直、6号機時代に夜から打って勝とうとするのは効率が悪すぎると思います。

 

私は6号機になって、設定狙いがしやすくなったと感じています。

 

それは、6号機の設定の分かりやすさ⇒設定狙いの押し引きの容易化があるからです。

 

要は、低設定を打つ時間が減ったわけです。

 

そして、低設定に縛られる時間が短くなって、次の高設定台を探すのに取れる時間が増えたのです。

 

ただこれは、朝から稼働している人の視点であって、夜から稼働する人にはマイナスにしかなりません。

 

朝から稼働している人に高設定を取られてしまうからですね。

 

個人的にはお金を稼ぎたいのであれば、家に帰って別の副業をしたほうがいいと思ってしまいます。

 

ただ、それでもパチスロを打ちたい、でも夜からしか打てないという人のために勝つための方法を3点伝えます。

 

夜から打つ時の立ち回り

・6号機AT機の設定狙いはしない

・目押しができる人は、あたっていない新ハナビやバーサスを打つ

・なんだかんだジャグラーがねらい目

 

6号機AT機の設定狙いはしない

まず、絶対に守ってほしいのは6号機AT機の設定狙いはしない。ということです。

 

特に今だと、アラジンAとか政宗3とかはデータを見るとキレイに出玉が伴っていることがあります。

 

また、こういった台は確かに設定が分かりづらく、高設定の可能性が残っていることは確かです。

 

しかし、先にも述べた通りリスクとリターンが合っていません

 

ぐっと我慢してこういったAT機には手を出さないようにしましょう。

 

やめたのには何かしら理由があるはずです。

 

もちろん、前任者の時間がなかったからという設定とは関係のない理由の可能性もあります。

 

それは今ホールに来たあなたには分からない情報です。

 

しかし、私たちのような朝からいるスロプロはそういったことも観察しています

 

打っている人が時計を気にしてるなーとか、設定のことはあんまり意識してなさそうだなーとか観察しています。

 

空いているのには何かしら理由があると思って、打たないように心掛けしましょう。

 

あたっていない下でも甘い台を打つ

これは目押しができる人限定になりますが、新ハナビやバーサス、ひぐらし祭2などを打つのはありです。

 

特に新ハナビは設定1でも102%あり、実際YouTubeやTwitterで配信しているホール関係者も利益が取れないと嘆いているのを多く見かけます。

 

こういった台には、もちろん設定が入りづらいという前提はあるのですが、なにぶんリスクが少ないです。

 

大事なのは回っていない台を打つことです。

 

ハナビ、バーサス、ひぐらし、これらすべて当たるほど設定推測要素がより多く得られます。

 

たくさん当たっているのにやめられているということは、たくさん設定推測要素を集めてやめているということです。

 

極端な話、5000G BIG20 REG 20みたいな台よりも、0Gの台のほうが設定的な期待は持てます。

 

また設定2をベースにしていることが分かれば104%です。

 

104%であれば、ジャグラーを攻めるよりも、間違いなく安定して勝てます。

 

設定2をベースにしてるとか分かるの?と思うかもしれませんが、設定2がベースの店で打っている(と思い込んでいる)私のユニメモはこんな感じです。

計算をすれば分かりますが、BIG113回(ゲーム数にして3277G)で斜め風鈴1/8.9です。

 

ハナビのBIG中斜め風鈴は下記の設定差があります。
偶数:1/9.0
奇数:1/11.0

さすがにこれは、自分でもほぼ設定2か6しか打っていない。と思っています。

 

そして、1/655のBIG中バラケ目が引けていないので、ほぼ設定2だと結論付けています。

 

このような形で、データを積み上げていけばベース設定を知る機会にもなります。

 

また、経験談を話すと、直近2022年4月に特定日に3台中1台ひぐらしに設定5を使う店を発見しました。

 

これは2か月たった6月10日現在でも私しか気づいていないようで、ずっと設定5を打てています。

 

最近かなり収支があらぶっていたのですが、ひぐらしの5を打てるようになってから安定しています。

 

こういった台はローリスクで高設定を見つけることがあるので、ぜひ実践していただきたいです。

 

何だかんだジャグラーが狙い目

何だかんだジャグラーには高設定が入っている店が多いです。

 

そしてジャグラーは客層も弱いので、時間的な理由や少しハマったからという理由で辞める人も多いです。

 

グラフがきれいな6号機AT機を打つぐらいなら、REGがしっかり付いているジャグラーを打つ方がまだマシかなとは思います。

 

夜から打って勝つための結論

長々と書きましたが、結論的には夜から打って勝つには下記の通りです。

夜から打って勝つには

・天井・ゾーン狙いをする

・下でも甘い台を打つ

・ジャグラーを打つ

※6号機AT機の設定狙いはしない!

 

上から順に優先度を高めて実施すれば、大きく勝てないまでも負けることはないかなと思います。

 

そして改めて書きますが、夜から打って勝つのは難しいし効率が悪いです。

 

天井・ゾーン狙いをしながら、朝から稼働できる日に向けて設定状況などを掴む動きをするのが一番かなと思います。

 

以上です。勝って楽しいパチスロライフを!

-設定狙いの極意
-, , ,

© 2022 パチスロの解 Powered by AFFINGER5