攻略系 設定狙いの極意

パチスロで勝つのに高設定をピンポイントで予測する必要はない

こんにちは

 

今回は高設定台の狙い方について勘違いされている方が多いのではないか、と思う内容について話します。

 

高設定台がピンポイントにわかる必要はない

私の経験上、パチスロ初心者の方、パチスロで勝ちたいと思っている方が以下のように考えています。

 

パチスロで勝っている人は、その日高設定が入る台がピンポイントで分かっている

 

これは間違いです。

 

もちろん、分かることもありますが、多くの場合は「ピンポイントで分かる」ということはありません。

 

設定の入る機種であったり、島であったり「この範囲で設定が入るのは分かる」というパターンが圧倒的に多いです。

 

ピンポイントで分かっていても勝てない

高設定が入る場所がピンポイントで分かる。

 

これならば絶対に勝てる気がしますが、そんなことはありません。

 

なぜなら、他の人も分かっていることが多いからです。

 

私も、もし抽選番号で1番が必ず取れるのであれば、機械割108%以上の台に毎日座れる自信はあります。

 

ですが、実際はそうではなく抽選を突破しないといけないわけです。

 

私がその「108%以上の台に必ず座れる店」というのは300人近く並ぶので、ツモれる可能性は1/300程度になってしまいます。

 

毎日行ったとして1年に1回座れるかどうか…

 

確かに抽選だけ受けて一桁じゃなかったら帰る。というのを繰り返せば負けませんが、稼ぎたいのであればその数か月に1回の勝利では意味がないと考えます。

 

勝ち組の多くは高設定の入る範囲を理解している

パチスロで勝っている人のほとんどは、高設定の入る機種や範囲を理解し、ツモれる可能性を考えて実践しています。

機械割で考えてプラスになるならば打てる

私の実践方法を具体例にして話していきます。

私は、

7の付く日にコードギアスCC4台 or クレアの秘宝伝23台の計7台の中から最低1台高設定が入るお店

の抽選を受けて収支を上げています。

 

この7台のうち、どれに入るのかは正確には分かりません。

 

毎回1/7の確率にかけて座っているわけです。

 

パチスロの「機械割」についてでも少し書いたのですが、機械割で考えれば1/7でも十分に勝負になることが分かります。

 

コードギアスもクレアも設定6の機械割は114%ほどあり、設定5でも110%近くあります。

 

設定1は2000G以内に見切り、設定5以上を1日8000G打ち切るのであれば、下記の通り十分なプラス収支が見込めます。

7回に1回設定5をツモれると仮定

設定1(機械割98%)を7回に6回2000G回す⇒設定1を12000G回す

12000G×3枚×-0.02 = -720枚 

設定5(機械割110%)を8000G回す

8000G×3枚×0.10 = 2400枚

この計算だけでも1,680枚(3万円)のプラス

7回の稼働で約3万円のプラスですので、1回の稼働あたり4000円以上のプラスが見込めることが分かります。

様々な要因から実収支をさらに上げる

「1/7にかけている」と先ほど書きましたが、実際のところそんなことはありません。

 

1/7よりもはるかに良いツモ率を出していますし、収支も4000円よりはるかに良いです。

 

その理由としては、例えば以下のような理由があります。

前回がクレアに入っていた場合、次回はコードギアスの場合が多い
2台高設定が入っていたり、全台だったりする場合もある。
隣の台が当たりなのにやめていく。(後ヅモができる)
コードギアスは設定1を使っていない。毎回全台から設定2以上が出る。
設定6を使っていることもある。
打ち慣れると低設定の判別に2000Gもかからない。

このようにして、様々要因からツモ率・平均機械割を上げることで、実収支は平均して2万8000円ほど1回の稼働で収支を得ています。

 

まずはマイホの高設定が入る機種を知る

おそらく、どこのパチスロ攻略サイトにも書いてあることですが、まずは高設定が入るホールを知ることです。

 

参考:パチスロの設定狙いにおける優良店の探し方

 

そこから、どの機種に高設定が入るのか?につなげ、実践に移るのが良いでしょう。

 

この記事を書いている段階ですと、「Re:ゼロから始める異世界生活」がもっとも設定が入り、なおかつグラフから設定が分かりやすい機種と言えると思います。

 

例えば、下のスランプグラフ一覧で言うと、696番台が設定6で、694番台は同じく3000枚出ていますが6ではありません。

 

グラフの刻み方が違うのはだれの目にも明らかかと思います。

 

ただ、この記事を書いてから1年、2年と経つと、こうした確認に適した機種は違ってくると思います。

 

本サイトでおそらくその時期に応じて設定推測のしやすい機種は紹介していると思うので、参考にしていただければと思います。

 

設定狙いのリスクを恐れずに実践していこう

以前、パチスロの設定狙いのリスクと期待収支の考え方という記事で書いたのですが、設定狙いのリスクというのは多くの方が考えているほど大きくありません

 

別の方の話になるのですが、

すろぱちクエストというサイトの運営者である「だてめがね」さんがYouTubeで実践配信を行いました。

すろぱちクエストチャンネル:https://www.youtube.com/user/redfx978

その立ち回りを見て衝撃を受けた人も多かったようです。

 

「乱れ打ち」に見えるのです。実際は根拠に基づいて実践しているのでそんなことはないのですが。

 

とにかく1台は設定6が入っているのだからと、カニ歩きで設定判別をしていきます。

 

一度見ていただければ、本記事で書いてあることの理解が深まるかと思います。

-攻略系, 設定狙いの極意
-,

© 2022 パチスロの解 Powered by AFFINGER5