稼動録

ルパン三世世界解剖の設定56で大負けした話

みなさんこんにちは。

 

この規制の中「純増5枚」で話題となった「ルパン三世 世界解剖」

 

その高設定の実践をしてきたので、レポートを書きたいと思います

 

驚異のCZ55連スルー 初当たりはほぼすべてリミット天井から

さて、設定56が確定し、ボーナスの色的に設定6濃厚な台を打ってきたのですが

 

異色ルパンザチャンス(CZ)一回も成功しませんでした!!笑

 

いや、正直驚きましたね。

 

設定1でも1/9.2 高設定なら1/7.8で成功するのですが

 

55回引いてまじで一度も成功しませんでした。。。

 

だいたい0.05%ぐらいの確率になります。「CZを55回引く」という行動を行って2000回に1回起きる事象です。

 

結局ヒーローズロード(HR)の初当たりを15回引いたのですが、12回がリミット天井

 

1回は斜め赤7(1/16000)からの初当たりでした。

残り2回は同色CZから

 

最大獲得枚数は177枚 平均は300枚との噂

さて、毎回苦労して入れたHR

 

12回の初当たりのうち、最大獲得枚数は177枚でした笑

 

平均もひどく、

バースト0が2回
バースト1が1回
バースト2が2回

と散々な結果でした。(獲得枚数が少ないと表示されないという謎仕様)

 

リミット240以上でCZ当選が5回 200以上は3回

これはまぁ統計的に妥当な確率なのかもしれませんが

 

あと1回ベルかチェリー引けばHR!

 

というところであまりにもCZが当選しすぎました。

 

1/10より先に1/88を引く確率って、おそらくこんなに高くないはず。

 

結論 たぶん高設定(設定6)は安定する

打ってみて結局900枚ほど負けたわけですが、これはあまりにも引きが悪すぎるだけだと感じました。

 

むしろこの枚数のマイナスで済んだのがすごいです。

 

①CZからの初当たり

②HR獲得枚数

③リミット天井直前でのCZ

 

これらすべてがダメでも900枚マイナスで済んだので

 

どれか一つでもまともな確率で引ければ高設定は勝てるはずです。

 

これらすべてがダメということは、ほとんどあり得ないので、少なくともマイナスになることはないのではと思います。

 

まとめ

負けたけど、高設定は安定しているはず。

-稼動録
-

© 2022 パチスロの解 Powered by AFFINGER5