攻略系

大阪のおすすめパチスロ取材イベントまとめ

今回は大阪で今狙い目の取材イベントを紹介します。

 

強いイベントではなく、狙い目のイベントです。いくら強くても人数が多いとツモれませんからね。

 

ダイナマイトスロット (Scoop!tv)

評価

おすすめ度   ★★★★★

イベントの強さ ★★★☆☆

朝の並びの多さ ★★★☆☆

ダイナマイトスロットの公約

指定機種より1機種が全台456

 

全台6と書いてあるサイトが見受けられますが、いいとこ全台456のお店が多いです。(全台6のお店もあるかもしれませんが…)

 

1機種以上と書いてあるサイトが見受けられますが、2機種ある場合は2つに分けて掲載されます。

「2機種あるかも!」と浅はかな期待をもって打ち続けるのはやめておいた方が良いでしょう。

 

ダイナマイトスロットの利点

店内のどれか1機種が456ではなく、指定機種があるというのが利点です。

上記画像のようにScoop!tv公式サイトより、対象指定機種が確認できます。

 

対象機種が決まっている全台系のイベントは他にはあまりないので、ダイナマイトスロットの有用なポイントと言えるでしょう

 

ダイナマイトスロットの抽選人数

お店に寄ると書いては元も子もないのですが、たとえばスロパチステーション潜入取材やスタレポといった後述する強いイベントに比べると、並びは少ないです。

 

例えば、123難波店は大阪の中心地に存在し、しっかり設定を入れてきていますが、平日の並びは120人ほど。

 

かなりの確率で対象機種に座れる番号が引けるので、私もよく行ってます笑

 

その他、兵庫県のほうまで足を伸ばせば10人ほどしか並んでいないのに設定を入れているホールもあります。(店名は伏せます)

 

このあたりは自分の近所のお店などがイベントを実施したときに見てみるのがいいでしょう。わざわざ遠くからダイナマイトスロットのために足を運ぶお客さんは今のところ少ないです。

 

ダイナマイトスロットの対象機種の狙い方

ダイナマイトスロットに関してワンポイントアドバイス!ではないですが、よくある傾向についてお話します。

 

※私がいくつか店舗を回って感じたクセであり、すべてのホールに当てはまるわけではありません。

 

台数の多い機種は避ける

10台を超えるような機種はやはり設定が入りません。

 

3~5台構成ぐらいの機種がやはり狙い目です。

 

そして、こんなことはみんな分かっているので、10台を超える機種が朝一埋まるようなことはありません。

 

もし10台を超える機種が対象だとしても後ヅモしやすいので、朝一狙う必要はありません。

 

設定の高低が分かりやすい機種に注目する

例えばまどか☆マギカ2は朝一設定変更後に

 

設定1~3は40%で、設定4~6は60%で高確以上に行きます。

 

このように、朝一から設定の高低で違いのある機種は自分が打っていてもいなくても確認をしておくべきです。

 

下記のように立ち回り、少しでもリスクを減らしましょう。

まどマギ2の例

全台高確移行をしている

⇒まどマギ2が対象の可能性が高いので、自分の台の見切りは早く行う

全台高確移行をしていない

⇒まどマギ2が対象の線は切って他の台の挙動を厚めに確認する

ダイナマイトスロットの総評

一番最初に★5を付けた通り、私の中では今一番おすすめの取材イベントです。

 

設定状況と朝の並びのバランスがちょうどいいと感じています。

 

スロパチステーション潜入取材(いそまる・よしき来店)

評価

おすすめ度   ★★★☆☆

イベントの強さ ★★★★★

朝の並びの多さ ★★★★★

スロパチステーション潜入取材の公約

店内出玉率110%オーバー

全台系機種1機種以上あり

 

スロパチステーション潜入取材の利点

とにかく設定状況が良いです。

 

全台6、全台56と思われる機種が複数機種あったりします。

 

大阪で行われる取材イベントの中では一番設定状況がいいと言っても良いと思います。

 

また、いそまる・よしきが来店する場合のほうが状況が良いです。

スロパチステーション潜入取材の抽選人数

めちゃめちゃ並びます。

 

もう皆さんが思っているレベルをはるかに超えて並びます。

 

例えば2018/10/6に行われたFREEDOMというお店の抽選人数は2000人を超えています。

 

どんな店舗で行った場合でも300人超えが当たり前です。

 

私の近所の普段10人も並ばないお店でも370人並びました。笑

 

おそらくスロパチステーションだけを追いかけているスロプー集団がいます。

 

スロパチステーション潜入取材の狙い方

取れるのであれば機械割の高い機種に行きましょう。

 

とくにバジリスク絆やハーデス・凱旋といったGOD系、その他小台数機種にも設定が入っていることが多いです。

 

割と適当に座っても高設定に座れる。それぐらい強い取材です。

 

スロパチステーション潜入取材の総評

「抽選勝負」 この言葉が一番似合うイベントかなと思います。

 

私は近所の車でしか行けないようなお店でしか朝並んだことはないです。笑

 

一番多い例ですが、2000人も並ぶような状態のところに行くのは時間の無駄だと思います。

 

ただ、設定状況は本当にいいので、中心地じゃないお店で開かれているときなどは行ってみる価値ありです!

 

スタレポ (janbari.TV)

評価

おすすめ度   ★★★★★

イベントの強さ ★★★★☆

朝の並びの多さ ★★★★☆

 

スタレポの公約

4台以上設置機種が全台6

 

スタレポの利点

設定状況と並び人数のバランスが取れた良いイベントです。

 

中心地でこそ300人以上ならんだりしますが、車でしか行けないようなお店で行う場合は200人ほどに収まることが多いです。

 

直近で参考までに中心地での人数をあげると、11月1日(木)のマルハン梅田店は440人の並びでした。

 

全6はマイジャグラー2(10台)その他、ギルティクラウン(6台)、セイクリッドセブン(6台)なども全台系と思われる状況でした。

 

中心地ではないところでは、「スタジアム2001大阪豊中店」

 

並びが125人でハイスペックAタイプのクレアの秘宝伝2が全6、またみんなのジャグラーもおそらく全6です。

 

125人並びで、この設定状況は狙い目と言って良いでしょう。

 

取材結果を見ればわかる通り、全台系の機種が複数投入され、その他の機種の平均設定が高い取材と考えられます。

 

スタレポの抽選人数

先述した通り、中心地であれば300人~500人並ぶこともあります。

 

狙い目は車でしか行けないような僻地にあるお店です。100人前後に収まることも少なくありません。

 

スタレポの狙い方

スタレポは取材結果の報告を公式サイトで行っています。

 

この報告がかなり正直です。ダメなホールはダメ、良いホールは良いとしっかり書きます。

 

行ってみようかなっというお店があれば、過去の取材結果を見て十分に参考にできます。

 

★1の例↓

「店内の状況は悲惨」

 

スタレポの総評

先に書いた通り設定状況と抽選人数のバランスが取れたイベントです。

 

店によって設定状況の強弱がありますが、取材結果を参考にできる点が強みです。

 

かなりおすすめの取材イベントと言えるでしょう

 

まとめ

正直、大阪でこの3つのイベントだけ行ってれば負けないんじゃないかって思います。笑

 

抽選勝負とは言いますが、抽選勝負に負けて帰れば負けることはありませんからね。

 

それではみなさんに爆勝ちが訪れますように!

 

 

-攻略系
-, ,

© 2022 パチスロの解 Powered by AFFINGER5