用語解説

【パチスロ】当たりやすい状態?「ゾーン」について

ゾーンとは

パチスロには

当たりやすい箇所

が存在します。それを「ゾーン」と呼びます。

ゾーンはパチスロの機種によって異なります。

また、その機種の状態(モード)に依存して変化します。

少し難しいことを言いましたが,例えを挙げましょう

押忍!番長2という機種があります

この機種にはいくつかの状態(モード)があり,モードA,モードB,天国A,天国Bがあります

現行のパチスロ機において、このモードを推測することが勝つ上で重要となっています(これもまた別の記事で解説します)

モードAは200,400などの百の位が偶数のゲーム数(回転数)で当たりやすいといった特徴があります。

またモードBは100,300,500などの百の位が奇数のゲーム数で当たりやすいです。

モードはボーナスに当選することで切り替わります。

この「モード」を予測し、ピンポイントであるゲーム数区間を回し,期待値を稼ぐことを「ゾーン狙い」といいます

番長2においては180Gから232Gまで回すことで期待値約800円を稼ぐことができます.

上の情報は厳密には

180~232Gで前兆を否定するまで回す

というのが正しいのですが,前兆とは何だ?となる方もいると思います.

これもまた解説します。前兆がわかっているかどうかで、また期待値は変化します。

まとめ

この記事を読んでわかっていただきたいことは

1.パチスロは機種によって,当たりやすいゾーンが存在するということ

2.パチスロはモード推測,前兆察知など少し難しいスキルが必要であり,だからこそ他人と差をつけて稼げるということ

この2点です

-用語解説
-

© 2022 パチスロの解 Powered by AFFINGER5