コラム

パチスロにおける閉店間際の期待値狙いについて

パチスロにおいて、閉店で取り切れないことってありますよね。

一度やると「損した~」と思って、やるせない気持ちになったりします。

そして、例えば「20時をすぎてからART機の天井狙いはしない」という結論に行きつく方が多いです。

なぜなら、取り切れなかった場合、期待値の損をするから。

しかし、私はそうは思いません。閉店間際でもART機の天井狙いはすべきだと考えています。

今日はそんなお話です。

閉店間際は天井狙いをすべきでないのか

※今回は私個人の考えで、実際正しいのかはわかりません。

「閉店間際は天井狙いをすべきでないのか」という問いに対して、私は基本的に「すべき」と考えています。

場合にもよるので、少し例を挙げながら説明していきます。

例えば「ミリオンゴッド 神々の凱旋」の天井・および情報は下記のとおりです。

ミリオンゴッド 神々の凱旋
 天井   :1480G
 回転数 :25G / 1000円
 AT純増 :3枚 / G

20時時点で800Gの凱旋が落ちていたとします。

この時、打つのか打たないのか?

私は迷わず打ちます。

閉店が10時半だとして、残り2時間半

2時間半あれば、約2000G回すことができます。

700G回して、天井到達したとして、最大で1300GのATを消化することができます。

私は「閉店まで続いて取り切れなかったらイヤだな~」ではなく「閉店まで続いたら約4000枚回収できるやん!」という考えを持ちます。

つまり、閉店まで続いたと仮定したときに、勝ちが見込めるなら打つべきなのです。

これが例えば9時からだとすると、打ちません。

9時から打って700Gで天井到達、残り500Gを消化できたとしても、トントンが良いところです。

ホッパーエラーなどのトラブルに見舞われたら終わりです。

閉店終了は期待値的に損をしているのか

閉店終了が期待値的に損をしているのか。

それについて私はわかりません。少なからず損をしている気はします。

天井期待値の算出方法は、閉店で取りきれないことを考慮していないはずなので。

ですが、そもそもこの800Gの凱旋は20時という時間だからこそ落ちていたと私は考えます。

閉店まで打ち切ったと仮定して、プラスの収支が見込めるのであれば私は打ちます。

何度もしつこいですが、これは私の考え方です。

数百ゲーム残して閉店した場合、本来取れるはずの期待値を逃した!どこかで損をするはずだ!という考え方もあると思います。

こんな考え方をする人もいるんだなーぐらいに取っていただければと思います。

-コラム
-, ,

© 2022 パチスロの解 Powered by AFFINGER5